田舎のサイクリスト

冬の男鹿半島はXCスキーで満喫する

いよいよ男鹿半島の降雪も本気出してまいりまして舗装路の上を自転車で走るには厳しい季節に。

とはいえ、雪で滑って進め無くなるなら、雪上を滑って遊ぶスポーツで楽しめばいい。

というわけで、昨日は程よい積雪になったので、今季初のXCスキーで1時間ほど体を動かしてきました。
近所に程よい広さの空き地があるので、スキー板とストックかついでの雪上遊び。

歩くスキー

XCスキーは、いわゆる歩くスキー。
まぁ、歩く人もいれば、走る人もいますが…下り坂はもちろん、平地や登りでも進める雪上移動手段でもあります。

スキー板と靴は、つま先だけ固定されて踵が浮く仕組みなので、両足を前後させるだけで簡単に雪の上を滑ることができる。

ガチで五輪種目にもなってるレーシングスキーもあるんですが、それはもうスキルと体力が必要な純粋なスピードスポーツ。
平地でスピードを楽しむにはもってこいみたいですが、登りはスケーティングしながらガシガシ登る必要もあり、体力的にはけっこうくるらしい。

雪遊びが楽しいスキー

それとは逆に、スキー板の裏面に逆滑り防止用の薄い楔形の凸凹がついた、坂道も楽に登れる仕様のものがありまして、これが冬の雪山遊びには最適。

自転車同様、運動強度は自分でペースをコントロールすればいいですし、ランニングのような足への衝撃もない。
アルペンスキーみたくスピードも出ないので、転倒して大怪我をする確率も低いですし、故障なく楽しめる、冬のアクティビティとしては最適のスポーツの一つ。

近所で楽しめる

なにより、アルペンスキーと違って、遠くのスキー場まで行かなくても、近くの空き地や、裏山の除雪されてない山道など、自宅から10分もかからない場所で楽しめるのがいい。

男鹿半島は、そういう条件に当てはまる場所、いっぱいありますから。

XCスキーイベントも開催予定

昨日は、今季の初XCスキーだったので、初めはヨタヨタしながら滑ってましたが、慣れれば、もともと難易度は高くないスポーツ。
特に平地と短い坂道しかない場所なので、まぁ、練習みたいな感じ。

それでも雪上には、動物の足跡なんか残ってたりするんで、こーゆー冬ならではの景色を生で体感するには最適。

近いうちに、寒風山の山道とかにも滑りに行かないと。

あと、XCスキーイベントも開催予定なので、興味のある方は”おがーりあ”のホームページなんかチェックしていただけるといいかと思います。
基本、板も靴もストックも貸し出しできる体制が整ってますので。

スキーで運動して、美味しいお昼を…って、まぁ、基本やることはサイクルイベントと一緒です。

冬山に出かけるのは楽しいですよ。


--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です