--- ads by google ---
--- end of ads ---
サイクルイベント, 男鹿半島

グレートアース男鹿半島、今年が一番

引き続き、グレートアース あきた白神・男鹿なまはげライドにつきまして。
遊撃+メカサポとして、あちこち回って見た感想。

今年が一番

落ち着いて振り返ってみると、今年のグレートアース男鹿半島、参加者、サポートライダー、スタッフの皆様のおかげで今までで一番の大会になったかも。

コース、エイド飯、サポートライダーの誘導、スタッフの対応、そして天候と絶景、どれをとっても今までで一番でした。

宮沢海岸、寒風山、南磯、西海岸、入道崎、八望台とコースとしては、ここは回ってほしいというポイントが綺麗につながったコースは、男鹿半島の魅力的な場所をきちんと回れてる。

もちろん、他にもいい場所いっぱいありますが、ロードバイクで行くならココっていうところはすべて網羅。

エイド飯は、やはりあんぷらもちの追加が大きいかも。
正直、去年までの構成だと、おやつ的な一品にもう一工夫欲しいよなーって思ってましたが、そこが完璧以上に補完されました。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

サポートライダーの皆さんの誘導も、回を重ねて慣れてきた部分も多くて、全体的にレベルがあがって手際も案内も余裕を持って対応してる感じがします。
実際、サポートライダーの中からも、次はこうしたら…的な提案も出てきてますし、来年はもっと良くなるはず。

スタッフは実は今年はちょっとピンチで、いつもお手伝いしてもらってる高校生の皆さんが学校行事で今年は不参加。
人数少ないところを、各所で工夫してうまく乗り切って切れました。

そして、確かに暑くなりましたが、そのかわり晴れたら最高以上に最高な男鹿の景色を海も山も風も坂も全部味わっていただけだのは非常に大きい。

参加者数も今まで一番でしたし、今年の開催結果や評判は来年の参加者数の増加に大きくつながるんじゃないですかね。
なかなか写真だけじゃ伝わらないでしょうけど、参加者口コミでの伝播力は確実に向上したはず。

経験値って大事

正直、今までの大会では、まだまだ至らない部分が多くて、反省材料の方が大きかった気がします。

そうした経験値が今年の開催に活きてきて、すごく良い大会になってきました。

実際のところ男鹿市単独で秋のなべっこライドを開催できたりしてるわけですし、地元の行政、観光施設の自転車イベントに関してのレベル、理解はかなり向上してます。

なんだかんだ言っても、5年間おぼろげながらも目指すところをもって取り組んできた結果ですし、今後もこの先を見据えながら進んでいければ。

自分も適宜お手伝いしていけたらと思います。

疲れたー

ただ、今年はスタッフ側の疲労度も一番だったかなー疲れたー。

第1エイドでは、ディレイラー調整ひっきりなしでしたし、今年は(文字通り)破壊力のあるメカトラ多かったですし。
メカサポも前半を中心にけっこう忙しかった。

さっき書いた通り、今年は高校生ボランティアが不参加だったので、実は立哨もほとんどおらず、必要最低限のスタッフでの対応になりました。
みんなが若いわけじゃないので、これはけっこう難儀です。

ボランティアスタッフ集めに関しては来年はもっと広域に呼びかけて手伝ってもらう算段しておいたほうがいいのかも。

今年の大会が一番…って言っても、それはあくまで今年時点のお話。
来年になれば、また別の課題も生まれてくるでしょうし、もっと改善しないといけない案件も出てくるでしょうし。

まーとりあえず今はお疲れさまでした。
次はおがーりあのCAO、秋のなべっこライド。
いろいろ頑張ってこー。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です