--- ads by google ---
--- end of ads ---

うわ~何か久々のブログ更新。

というか7/9のCAO北浦真山以来、自転車も乗れてないし、自転車からみの出来事もなく。
イベントの手伝いとか、梅雨とか、夏風邪とかあって、もうすっかり。

今回はディスクブレーキのメンテ。
前にちょっと乗った時に、盛大にキーキー鳴くようになってしまってて。

心当たりは有ることは有る。
以前のメンテ中に、ディスクにパーツクリーナーがかかってしまったコトがあって、その時点で制動力が落ちてて、たぶんそれが膜になっちゃったんじゃないかと。

他にも原因あるかもしれないけど、少なくとも油脂や膜は取らないといけない。
さて、作業です。

ブレーキーローター洗浄

RAID227のディスクローターは、センターロック式のものが装着されてるので、スプロケ交換と同じ工具、手順で、ホイールからローターを取り外し。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

DSC02070

径が大きい方がフロント、小さいほうがリア

これを台所用の中性洗剤で洗浄します。
ちゃんとしたブレーキパーツクリーナー使えばいいらしいですが、まぁ、間違って変なの使うとやり直しなので、今回は定番かつ安全な方法で。

DSC02072

バケツに水汲んで、洗車用スポンジで洗剤泡立てて…ってやりましたが、ローター2枚だと、別に台所に持ってって、そのまま洗っちゃっても良さそうです。
スポンジは食器用と別にしたほうがいいでしょうが。

洗って、洗いで、拭いて、乾かして。
ちなみに、ここで素手で触ったりしたら、また油脂が付くのでご注意。

再び、ホイールに組み付けて、車体に装着。
念のため、ブレーキ本体の位置を調整して完了です。

DSC02074

やってみると、たいしたことは無いです。

実装チェックOK

では、さっそく試し乗り。
自宅前の小さな坂を登って、下りで勢いを着けて、やや強めにブレーキ、ぐぐぐっ!

おぉ、ちょいローターとパッドが接触しただけで、キーキーいってたのが嘘のように。
これなら、ブレーキングに集中できます。


--- ads by google ---
--- end of ads ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です