カテゴリー
メンテナンス 自転車機材

田舎の自転車乗りには、通販サイトは必須です!

何しろ、半径30km以内にスポーツサイクルを扱った専門店がありません。
秋田市まで行かないと専門店はないですし、それも2軒だけですので品揃えにも限界あります。

いきおい、多少のメンテや、消耗品、部品の交換は自分でやらないといけません。
その為の部品購入の主力になるのは通販サイトというコトになります。

というわけで、普段使ってる通販サイトをいくつか。
ちなみにオススメ順です。
他のヒトとは順番ちょっと違うかもしんないですが。

サイクル ヨシダ(株)吉田商会 自転車通販部

yoshida
在庫を持たない通販システムのおかげで、意外と最安値だったりします。
あと、余所で在庫切れの商品も、意外とあちこちに仕入れルートがあるのか、入手可能なケースが多いと感じてます。

三本ローラーここから買ってまして、在庫なしでしたが、翌週仕入れ品を確保してもらったので5日ぐらいで入手できました。
春先に買ったパニアバッグも、余所が軒並み在庫切れだったですが、ここでは入手可能でした。

オススメ。

ヨドバシカメラ

yodobashi
実は穴場の通販サイト。
送料無料はAmazon以上に徹底してますし、スポーツ用品の一環として自転車用品も割と揃ってます。

お値段はポイント加味すれば、Amazonとほぼ同等。

こないだのデュラエースのチェーンはここで買いましたし、今検討中のサイコンもここで買う予定。

家電なども含めて使うならオススメ。

サイクルベース アサヒ

asahi
実店舗もある割とメジャーなトコで、アイテム数も多いですし、情報もそこそこ整ってます。
が、送料無料にするのに7,000円以上なので、大きなモノを買うときぐらいですね…

サイトリニューアルしてから、ちょっと使いづらくなりました。
最近、あんまり利用してないです。

Amazon

いわずと知れた…のトコです。
安い。
アイテム数豊富。
送料無料。

レビューを参考にしつつ、余所に在庫ない場合はここで買います。

そのほか

Wiggleなんかもアイテムによってはいいらしいですね。
自分は利用したことがないので、ここではお名前だけ。
U.K.(英国)のショップだそうです。

専門店のない田舎の自転車乗りは、何かある度にショップに向かうわけにはいきませんので、情報収集スキル、メンテナンススキル、そしてネット通販の利用スキルは欠かせないです。

昔は、何でもショップにお願いするより仕方なかったですが、今はネット経由で情報もモノも手に入りますので幸せな時代です。

メンテナンスまで含めて、自転車とつきあえるっていうのも、田舎の自転車乗りの幸せなところですしね。

カテゴリー
ローラー台 自転車機材

三本ローラーの仕組み

実際に使ってみるまで、よくわからなかったのが三本ローラーの仕組み。
簡単に解説しときます。

rorller_shikumi
(すみません…iPadに手書きしただけのなので、メチャクチャ下手)

後輪はローラー2と3の間にはまり込む感じで、これに自転車+自重がかかりますので、どんなにペダルを回しても、ローラーが空回りするだけで前には進みません。

前輪は、軸のちょっと前の位置にローラー1が来ますので、不用意に自転車が前に飛び出さないようになっています。

ローラー1とローラー2はベルトと駆動されてるので、リアホイールが回転すれば、フロントホイールが回るようになってます。

この仕組みのおかげで、フロントホイ-ルの回転を検知するタイプのサイクルコンピューターも利用できるようになっています。

でもよく考えると…

ローラー1とローラー2は、ゴム製の丸ベルトで駆動します。
ということは、当然ベルト自体の滑りがありますので、リアホイールの回転と、フロントホイールの回転は、必ずしも一致しません。

つまり、フロントホイール検知型のサイコンは使えますけど、必然的に精度は劣る…ということになります。

サイコン検討中

なぜに、こんな仕組みを解説したかというと、実はサイコンの新規導入を検討中です。

今のモノは、時刻を確認する程度でしか使っていないんですが、せっかくローラー台を導入したので、もう少し運動強度を把握してトレーニングを捗らせようと思ってます。

最低でも、

・スピード(速度…これはあんまり必要ない)
・ケイデンス(ペダルの回転数…スキルアップに必要)
・ハートレート(心拍数…運動強度を確認)

の3つの同時表示が必要です。
ハートレートは独自に表示できる腕時計型のもありますが、自転車で使うには見づらいです。

さらに、三本ローラーの特性上、リアホイールの回転を検知するタイプが好ましい。

キャットアイ CC-RD430DW

CCRD430DW

今のところは考えてるのは、キャットアイのCC-RD430DW。
上記の要件すべてに対応してますので、最有力候補です。
コスパもいいですし。

GPS内蔵タイプはスマホで管理した方が楽ですので、これは初めから考慮に入れてません。
ほんとはパワーメーターまで対応してれば間違いないんでしょうが、三本ローラー買ったりした後なので、そこまで予算は取れませんでした。

本格的に大会に参加したりするようになれば、パワーメーターもあれば、トレーニングも捗るんでしょうが、そーゆー自分も想像できないので、今回は見送り。

想像できなかった自分

にしても、三本ローラー買おうと思ったのは、割と思いつきでしたが、思っていた以上にトレーニング欲が出てきて、自分でもびっくり。

昔のトレーニング本を取り出して、体幹トレーニングを再開してみたり。

まぁ、新しいモノが手に入ったので、活用してやろうという気持ちが今は強いのは間違いないです。

本格的に雪降ってくると、雪寄せとかも入ってくるので、それまでにトレーニング習慣、定着させておきたいですね~

— ads by amazon —

カテゴリー
自転車機材

今こそサイクルコンピューターの出番!

自転車での走行記録を残すという意味では、サイクルコンピューターはもう既に役割を終えました。

みなさんスマホとか使ってますよね?

走行情報の記録には、GPSを搭載したスマホや、サイコンから発展したGermin等のサイクルナビが今や主流。
詳細な走行経路を記録し、GPS高度計から獲得標高まで割り出してくれる上に、簡単にWebやPC上に記録を残して保存できる、これらのデバイスの有用性は圧倒的です。

自分スマホアプリのSTRAVAを利用してます。
ほんとにコレは便利。

2014-11-18 19.08.51

速度や、回転数しか計測できないサイコンを、あえて積極的に使う理由はもうないです。
そもそも、路上を走ってる時に、どんなにサイコンに有用な情報が表示されても、じっくり見てるのは危険ですから。

というわけで、自分はロードバイクに有線タイプのものだけ付けたままにして、他のMTBとフォールディングは必要ないと判断して外しちゃいました。
ロードも一番チェックしてるのは現在時刻で、走行情報のチェックには滅多に使ってない。

もうサイコンをバリバリ活用することはないかも…とまぁ、昨日までは思ってました。

ローダー台の唯一の走行情報

ローラー台の上では、GPS系のデバイスは全く役に立たないんですね。

まぁ、当然です。
1mmたりとて移動しませんし。

サイクルコンピューターのみが唯一の情報です。

DSC00391

ちなみにご存じない方もいるかと思いますが、三本ローラーは、後輪ローラーと、前輪ローラーがベルトで連結されてるので、前輪も回転します。
なので、エントリー向けの前輪計測タイプでもちゃんと計測可能です。

今のところ、速度を見ながらローラー台を回すペースをコントロールしてますが、ペダルの回転数ぐらいは見れてもいいかな…って、ちょっと思ってます。

たぶん、春になったらもう使わないので、有線タイプでいいのかなぁ…という感じ。
まぁ、このへんはぼちぼち機種チェックしていきましょう。

ちょっと環境が変わるだけで、必要な機材って変わるもんですねぇ。

以上。

— ads by amazon —