メンテナンス, 自転車機材

ヘッドまわりからの異音

路面の荒いとこ、段差のあるところなんかで、ヘッドまわりから異音がする?

かと思ったんですが、実はフレームとアウターワイヤーがぶつかって音をたててるだけでした。

ゴム製のワイヤーカバーの位置を調整して、おおむね解決。

少しワイヤーの取り回しをタイトにしすぎましたかね。

勝手にハンドルが切れていく?

ハンドルからヘッドまわりに関してのワイヤーの取り回し…スタイリッシュに魅せようとして、短めに、タイトに組んで、ちょっとしたトラブルに見舞われるケースは割とある。

よく見かけるのは、車体を持ち上げて前輪を浮いた状態にすると、ハンドルがどちらかに一方に勝手に切れていく症状。

これって、どっちか一方のワイヤーテンションが強くて、反対側にハンドルを押し出しているっぽい。

たぶん径が太く、左レバーからしかフレームに這わせない、ブレーキワイヤーが原因のが多いのかな?

気にしなくていいけど、気になる

ヘッドまわりのベアリングとかの異常ではないし、実走にはほぼ影響がないのでそのまま放置でも問題ない。

とはいえ、気になるのならワイヤーの張り直しで解決する。

ただ、左右のワイヤーテンションきちっと揃えるのって、けっこう難しいですけどね。
経験値とカンで何とかするしかないけど、スタイル優先で短めにすると症状出やすい模様。

最近はワイヤーをインナールーティングのフレームがほとんどで、ワイヤーの張り直し作業は、かなり面倒。

それほどエアロ効果は期待できる部分とも思えないし、そもそもエアロ効果って、がっつり脚に来るぐらいの高速巡航じゃないと意味ないんで、TT向け以外のモデルは、アウタールーティングに回帰するような流れにならないですかね。

— ads by amazon —

メンテナンス, 自転車機材

清掃はメンテナンスです

昨晩、気温も下がってきた頃合いに、チェーン、チェーンリング、スプロケット、ディレイラーあたりの清掃、注油を実施。

チェーンまわりの汚れは、ざっと拭いたら、後はクリーナーを吹き付けながら油分を洗い流し。

他は、ウェスを駆使しながら汚れを落としていきます。

クランク、チェーンリングまわりは綿棒が汚れをかき出すのに便利。

てな感じで、清掃してたら、ふいに動くはずのない部分が動くのを発見。

チェーンリングを固定するボルトの一本が緩んでカタカタいってます。

わーあぶねー

他のボルトはきちんと締まってたので、チェーンリングが突然外れるということは無いでしょうが、外れたボルトが駆動系に飛び込んだりしたら何が起こるか予想つきません。

このボルト、実は専用工具(ペグスパナ)で押さえながらじゃないと締められないパーツなので、改めて締め付け、他も増し締め。

こまめな清掃がトラブルを未然に防ぐという見本みたいな話。

トラブル起こす自転車は汚い

これはけっこうあるある。

トラブル起こした自転車のリカバリーを頼まれ、終わったら手が真っ黒っていうのは、すごく覚えがある。

こまめに清掃してないから、小さな予兆を見逃して、それが後々大きなトラブルにつながる。

機材トラブルだけで済めばまだ御の字ですが、それが落車や怪我につながることだってある。

サイクルイベントに参加してる途中だったりしたら、そこでリタイア…せっかくのイベントをちっとも楽しめない。

こまめに清掃だけでも自分でやっていれば、小さな異常を発見できます。
別に、メンテナンス作業自体は、お店や詳しい誰かにお願いしたっていいんですから、大事な愛車磨いてあげましょう。

— ads by amazon —

今日のライド, 男鹿半島, 自転車機材

ナイトライド 五里合琴川

昨夜のナイトライドは、自宅から五里合琴川までの往復36kmほど。

まぁ、ナイトライドというより夜の集まりへの参加に自転車で向かっただけの話なんですが…

この時期、夜車を走らせると虫であっという間に車が汚れるのもなんかイヤですし。

自転車でVOLT1600を点灯して山道走ると、相当虫は出ますが、潰れるほどの速度は出さないので。

行きは、夕暮れ時でTシャツ一枚でちょうど良い気温。
日が暮れる直前の田んぼの美しさ。

帰りは10時すぎだったので、気温はだいぶ下がって、こんなコトもあろうかとキャリアバッグに入れといた小さくパックできるウィンドブレーカーで、夜風に凍えることもなく快適な帰り道。

ナイトライドには天候の急変(たいていは気温低下)はつきものでしょうから、ブレーカーの一枚ぐらいは必ず持って行った方が良さそう。

楽しいライドが、ブルブル震えながらの移動になっちゃつまんないですし。

— ads by amazon —