自転車機材

自作サイクルスタンド製作 ver.2 その1

前回製作したサイクルスタンドは、高さが若干低め。
かつ、接地面を真っすぐ切断できずに安定性に欠ける…ということで、今回は改善策をいろいろ施してver.2の製作に取り掛かりました。

高さが不足したのは、単純に作業ミスなので、今回は2×4の10フィートを正確に1000mmで切断して脚部に使用します。

問題は切断方法。

素人日曜大工の鋸の腕前では何かしら工夫が必要…と。

今回は、幸い友人から丸鋸を借りることができたので、これを活用させてもらいました。

ただし、一般的な丸鋸の切断可能寸法は30mm~50mm程度。

2×4材の長辺方向は89mmあるので一気に切断するのは無理。
そんなコトができるのは製材所にあるような大型のものじゃないと。

というわけで、まずは丸鋸で30mmの切り込みを入れて、そこからは先は鋸で手で切断という二段作業で進めていきます。

17度の冶具を作る

スタンドの足つき部分は17度の角度を付けて製作しないと、平地できちんと接地しない。

ところが、この17度の角度を目分量で切ろうとしても絶対無理なのは、前回の作業で痛感してるので、今回は簡易的なものながら冶具を作成。

「器用さに頼るな、冶具を作れ」です。

前回作ったスタンドの脚部材を外して、これを5本並べます。
そこに17度の角度で、マーカーで墨入れ。

これもお借りした工具ですが、角度測定には非常に役に立つ。

この線に沿って、適当な板を打ち付けて固定。
ただし、真ん中の一本は固定せずに、最後に抜きます。

こうして、固定しなかった一本の代わりに切断する脚材を差し込み、上に固定した17度に傾斜した板に丸鋸を押し付けながら切れば、ほぼ正確な17度で切断できる…という寸法。

まぁ、素人が考えた簡易的な冶具ですが、素人故に効果は抜群。
丸鋸切り込みに関しては、ほぼ完璧な作業ができました。

あとは、残った50mmほどを、鋸で切断するわけですが、途中までの切り込みに歯を当てながら切断できるので、前回の仕上がりに比べると平坦度が全く違います。

もちろん素人作業なので、多少の段差や曲がりはありますが、許容できる範囲ですし、気になるようなら電動カンナで均します。
固定方法が難しいので、これも何か工夫が必要ですが。

というわけで、まずは作業その1「切断」は無事終了。

次回は「塗装」の予定です。

— ads by amazon —

自転車機材, 雑記

やっぱりアルミがいいんじゃ…

自転車歴だけは長いサイト管理人ですが、最初に買う自転車って何がいいかな…とか聞かれる時もたまに。

いくつか思うコトがあるので、ちょっと書きます。

まぁ、アルミ贔屓のステマっぽい文章に見えなくも無いですが。

鉄則1
予算の上限いっぱいを注ぎ込むべし

どうせ買うのなら、予算の上限いっぱいのバイクを選ぶべし。

自分は初心者だから…とか、長く続けられるかどうか自信ない…とか、そーゆー理由で削っちゃいけない。

夢中になって乗れば、初心者はすぐに卒業できます。

逆に早々に自転車つまらない…ってなったら中古で売ればいい。
買ったばかりの高額バイクならそれなりに買値はつきますし。

なので、用意できる金額をギリギリまでつぎ込んで、可能な限り高性能のバイクを手に入れるのが鉄則。

鉄則2
高性能を引きだすには高いフィジカルが必要

ただし、高いバイクは、強い入力をした時にはじめて、それぞれの素材や設計による高性能を発揮する。
平地を流してるだけなら、高いのも安いのも一緒です。

なので、高パフォーマンスを発揮するのに一切興味がない人にとってはフレームの良し悪しも特徴もそんなに意味はない。

何買ってもいいので、ミドルグレードのアルミがいいかな。

あと、高いからって、快適だったり、楽できたりとかはないので。
しょせん、エンジンは自分です。

鉄則3
長く使うならアルミ、競技系もアルミ、アルミはいい

個人的にアルミバイクが好きなんで、もう少し贔屓しときます。

カーボンは丈夫ですが脆く破損リスクは高め。
対してアルミは頑丈なので、モノを長く使う人ならアルミ。

素材が固いので入力ロスも少なく競技にも向いてる。

カーボンの絶対有利は重量。
それも十分なフィジカルがあれば問題にはならない。
(もちろんトップカテゴリーでコンマ1秒争うならハイエンドカーボン一択)

そーゆー意味では素直で長く付き合えるのはアルミ。

はい、少し贔屓しました。

とか何とか言ってますが、たぶん、普通、長く続ければ買い替えます。

鉄則1と矛盾してますが、フィジカルや気持ちが変われば、予算の上限も変わるのは、周りの自転車仲間を見渡せば明白です。

それはもう明らかに…

鉄則2で書いた通り、ちょっと試乗したぐらいで、自転車の違いなんか分かりませんし、乗り込んで初めて自分の欲しいバイクの特徴が見える。

そしたら買い替えやむなしです。

恐れず買いましょう。

最初の一台

一番効率のよい乗換パスとして「ミドルグレード・アルミ」から「ハイエンド・カーボン」を推奨。

ロードバイクは競技機材の一種です。
快適性よりも、推進力のあるバイクを選んだ方が絶対に楽しい。

楽しみの本質は、そのあたりにあるので、それを見つけるのにアルミバイクは好適。

最近は、アルミの成型技術も向上して、競技性も一段とアップしてるようだし、アルミバイク普及委員会でも作りましょうかね…

アルミはいいです。

贔屓ですけど、贔屓だけじゃないので。

メンテナンス, 自転車機材

最低限の工具ってどれかな

例のサイクルエイド、メンテスペースに絡んで、必要な工具ってどれかな…といろいろ考え中。

自転車のメンテナンスには、けっこういろんな工具が必要で、専用工具を使う部品もある。

ただ、出先でトラブルになった場合にリカバリーに必要な工具に限ると、そんなには多くないはず。

六角レンチ

自転車に固定されてるパーツの大多数が六角穴のキャップボルトですので、これは誰がどう考えても必須。

前は4mm、5mmあたりがあれば十分だったんですが、最近は細かいパーツの固定(ボトル台座等)にもっと小さいのが使われたりするみたいなので、セットで揃えといた方がいい。

ドライバー

パッと思いつくのは、ディレイラーの可動範囲を決めるための調整ネジを回すのにプラスドライバーが必須。

といいながらマイナスドライバーは、細かいパーツをいじったり、あおったりするのに便利なので+-で揃えときましょ。
あんまり大きくないほうが扱いやすいと思う。

ヘックスローブ

通称トルクス(商標らしいので一般名称に使えない)。
使われる場所は多くはなさそうだけど、ディスクブレーキとか、チェーンリングの固定で使われてるケースがある模様。

今のところ、使われてるサイズもT25とかに限られてるようですが、そのうちいろんなサイズが使われるかもしれないので、やっぱりセットで揃えといたほうがいいかも。

チェーンツール

チェンカッターとかいいますが、要はチェーンの接続ピンを抜き出したり、セットしたりして、チェーンを繋ぎ替えるための必須ツール。

チェーンなんか切るようなパワーあるのはプロだけだろう…と前は思ってましたが、意外と身近なとこでチェーントラブルは起きてて、それはパワーで引きちぎるというより、110本ほどもあるピンの品質のバラツキが要因にありそうで、誰にでも起こりうるトラブルだと再認識。

ピンやコマまで揃えるとランニングコスト高いので、そこはコマを一つ詰めてピンを再利用してもらう感じですかね…
ピンぐらいはあった方がいいんでしょうが…種類多いから難しいか。

タイヤレバー

言わずもがな、自転車の最頻トラブルはパンク。
パンク修理のためには、タイヤをリムから外さないと始まらないので、タイヤレバーは必須。
まぁ、予備チューブとタイヤレバーぐらいは、みんな持ってそうな気はしますが。

チューブラータイヤの場合は他にいろいろ必要なんでしょうが、チューブラー使ってるような人は、最初から携帯してるような気がするので”最低限の工具”からは除外でいいでしょ。

ペンチ

普通は使わないし、携帯工具として持つこともないんですが、変形したパーツを無理やり整形したり、パーツを保持しといたりするのに役立つ時もある。

あと、落車等でフレてしまったホイールがブレーキに当たったりする場合、ペンチをニップル回しの代用に使えるので、緊急用にはあったほうがいいかも。

ニップル回しはサイズがいろいろあって揃えとくと、ちょっとコストかかりますので。

マルチツール

”最低限の工具”って考えると、実はTOPEAKあたりのマルチルーツが一番まとまって揃うんですよね。
3,000円ぐらいなんで、上にあげた工具を個別に買うのに比べればお得。

これに、100円ショップでペンチや小型のモンキーでも揃えておけばだいたい問題なさげではあります。

— ads by amazon —