カテゴリー
男鹿半島

男鹿半島サイクルエリア

いろんな所で、男鹿半島はスポーツサイクルに最適ですよ~って吹聴して回ってますが、このへんで少し具体的にお話しときましょう。
といっても、まずは概要のみですが。

ogahanto_area

平坦エリア

男鹿半島の東側と、南側の海岸線。
旧若美町のエリアと、秋田市から向かって海岸線を門前にいたるまでは、ほぼ平坦なコースです。

当然ですが、スポーツサイクルを始めたからと言って、急には坂道を上れるようになったりはしません。
まずは、ペダリングの基礎を身につけ、体力を向上させないことにはスポーツにもなりません。

その意味では、このフラットなエリアは最適!
特に、船川を過ぎて、門前に至るまでのフラットな海岸線は交通量も少ないですし、景色もいいですし、初心者が基礎トレーニングエリアとして活用するには最適です。

自分も、ロードバイクを購入した頃は、このあたりの往復30km程度の道のりをよく走り込んでました。

クルマの脅威にさらされることもなく、マイペースでペダリングのスキルを磨くには、フラットなエリアでの走り込みが重要です。

丘陵エリア

ほんとうは山岳エリアと書きたいトコロですが、そこまで標高高くないですので控えます。
ただし、走り応えのあるエリアがいくつか揃ってますので、他のコースと組み合わせて楽しめば十分魅力的です。

まずは、寒風山。
標高355mと、高さだけを見るとそれほどでもないですが、ここは元々観光道路として作られたエリアなので、道はよく整備されてますし、途中で変に虫が出るような場所もなく、非常に自転車で気持ちよく走れる場所です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何よりも芝山として人々の暮らしを支えてきたこともあって、山頂付近には木々がほとんどありません。
つまり360度、すべての方向の視界が開けていることが何よりもメリット。

余所にも登りがいのある山は多々ありますが、眺める景色から、登った後の達成感を、これほど得られる山はそうそうありません。

自分も、春から夏、秋にかけては早起きして1時間ほど自転車に乗りますが定番コースです。

他にも、標高200m程度なるも、ナマハゲで有名な真山神社にお参りできる真山エリア。

男鹿半島で最高峰になる本山。
ただし、ロードバイクで登れるのは400m程度までで、その先は未舗装路が広がる本山エリア。

このあたりの詳しいコトは、そのうち書きますね。

アップダウンエリア

そして男鹿半島を最も特徴づけているのが、激しいアップダウンを誇るエリアが豊富にあること。

なかでも最も走りがいのあるエリアが、旧大桟橋有料道路のあった門前から、戸賀に通じるコースです。

標高だけを見ると、180mそこそこですが、繰り返されるアップダウンのおかげで獲得標高は、ここだけで400mに迫ります。
これだけのアップダウンを、クルマの脅威もなく、素晴らしい海岸線を横に見ながら走れるエリアは、余所でも滅多に見つからないはず。
海と山が近接する男鹿半島という場所を、もっとも特徴づけるエリアと言えます。

まとめ

ざっくり、各エリアを紹介しましたが、そのうちもっと詳細なのも掲載しますね。
いい写真も、たくさんありますし、特に丘陵エリアと、アップダウンエリアを組み合わせたコースの魅力は堪りません。
いっぱい書きたいこともありますが、今日のところは全体概要というところで。

以上。

カテゴリー
男鹿半島

クルマが少ない田舎は自転車天国です

田舎を自転車で走るときに、誰もがあずかれる恩恵のひとつは、クルマが少ないっていう事です。
これは、ほんとうに自転車乗りにはありがたい。

男鹿半島でなら自転車を満喫できる!っていう売りの一つです。

自転車は車道を走ります

日本は長いこと「自転車は歩道を走る」と誤解されてきたせいもあって、クルマのドライバーは車道を走る自転車乗りをたいてい邪魔モノ扱いします。
法律の上では、自転車は「車道の左端」を走るとことと明記されているにもかかわらず。

実際、スピードの出るスポーツバイクで歩道を走ることは、歩行者の脅威です。
わずか10km/hで接触しただけで、歩行者が大きな怪我をすることだってあります。

ましてや、タイヤの細いロードバイクは段差に弱いので歩道を走ることは現実的ではないです。
歩行者だって、自転車乗りだって、どっちだってイヤに決まってます。

都市で自転車に乗るにはスキルが必要

そんな事もあって、都市で自転車、それもスポーツサイクルに乗るには、それなりにスキルが必要になっちゃうのが現実。
車道を自転車で安全に走るためのスキルなしには、とても車道を安全に走ることはできないですね。

クルマの流れを読みながら車道の左端を上手に位置取りをして、場合によっては、歩道にあがって危険を回避するような、SDS(セルフ・ディフェンス・スキル)が絶対に必要になります。
初心者の方にはハードル高いっすよ。

田舎はクルマの数が少ない

田舎でも道路の作りはそんなに変わりませんが、クルマの量が圧倒的に少ない。
道路左端の走行空間が同一であっても、同じ時間に追い越していくクルマの数が全く違います。
ほんとなら寂れた田舎を象徴するはずの事が、まったく逆転する視点になります。

自転車の右脇を、プレッシャーをかけながら走り抜けるクルマの数が減ることは、自転車で移動する時の安心感がまるで違います。
初心者にとってもありがたい。
もちろん、ベテランだってクルマに押しのけられるように走られるのが楽しいわけ無いですから。

男鹿半島の交通量

男鹿半島の場合は、クルマが多いのは船越から脇本、船川までのバイパスぐらい。
男鹿半島の真ん中を縦断するなまはげラインも土日は観光客の車が増えますが、道路幅が広くそれほど脅威には感じません。
いずれ、綺麗な風景のある場所や、走りがいのあるコースからは外れていますので、スポーツサイクルを楽しむ邪魔にはなりません。

初心者の方でも安心して自転車に乗れますし、中級・ベテランサイクリストの方々もより走りに集中することができます。

まとめ

クルマが通らないなんていうと、衰退する田舎を象徴する状況に思われますが、自転車乗り、サイクリストにとっては、まさに天国。
これを活かさないなんてほんとに勿体ない、という感謝の念を持って日々男鹿半島を自転車で走り回っております。
こればっかりは、都会の自転車乗りには体験できない夢のような世界です。

DSC00984

以上。

カテゴリー
男鹿半島

600kmの彼方の男鹿半島

本日より、男鹿半島と自転車と田舎をテーマにしたブログをスタートしようかと思います。
ぜひ、ご愛顧のほど。

では、さっそく。


男鹿半島は田舎です。

東京からは遙か600km。
クルマを使っても、新幹線を使っても、飛行機を使っても、圧倒的に遠い。

ogamap1

青森にもフル規格の新幹線が走る中で、日本海に着き出した男鹿半島は、東北で最もアクセスの悪い場所の一つと考えて間違いないですね。

ついこの間、消滅可能性都市なんて見出しでテレビで紹介されてしまうぐらいには田舎であることは、もう今更って感じです。

ところが、こんな田舎でも、余所には負けないぐらいの好条件が揃っているスポーツレジャーがあります。それは…

自転車です。

 
男鹿半島を自転車、スポーツサイクルで巡るメリットを言いますと…

  • 道路が変化に富んでいてビギナーから上級者まで楽しめる
  • 風景が次々と移り変わって飽きない
  • 交通量も信号も少なく、クルマの脅威がない
  • ここ数年、良いお店が増えた

言葉で書くとこんなですが、これだけの事が揃うだけで、自転車というスポーツの面白さが、とてつもなく違ってきます。
これは実感。

自分も、数年前まで首都圏で自転車に乗っていましたが、正直、首都圏ではスポーツサイクルの魅力を、半分も引き出すことができない。

唯一、途中で寄るお店の選択肢だけは豊富ですが、それ自体は自転車の直接の楽しみではないですので。

そのあたりの事を、これからじっくり書いていきたいと思います。

田舎でこそ、スポーツサイクルが面白い!

また、小さいながらも(20名程度)、定期的にサイクルイベントを開催してますので、そのへんの事も、交えていきたいと思います。

どんな内容になるかは、おぼろげにしか決めてませんが、ご期待下さい!

2014-10-12 11.38.15
(男鹿半島の先端、入道崎で休憩するの図)

以上。