男鹿半島, 雑記

ぼくはとうだいに行かねばなりません

タイトルの元ネタ分かる人は、クスッと笑っておいてください。

というわけで、入道崎灯台のお話。

海抜57mの大展望

あんまり知られてないんですが、男鹿半島の最先端、入道崎にある白黒縞々模様の灯台は、もちろん現役の灯台なんですが、実はここ登れます。

入館料はたしか250円ぐらいだったと思いますが、併設されてる資料館も充実してますし、これは一回登っておいた方がいい。

詳しい情報はこのあたりのサイト参照。
燈光会:入道崎灯台

海面からの高度57mの眺望はなかなか余所では見られないし、真下を見下ろした時の垂直感というのも、大桟橋の断崖絶壁に通じるモノがある。

男鹿半島の西側っていうのは、実はじわじわ隆起してる。
隆起する度に、じわじわ波に削られていく。
それが何万年も続いてるので、本山から西側っていうのは、何もかも急峻。

男鹿半島の西側が自転車乗りにとって快適なアップダウンが続くのは、昨日今日の話じゃなくて、遥かな地球の歴史の一部として作られてきたわけで。

本当の魅力は夜

昼間の景色も抜群に爽快な入道崎ですが、本当にオススメなのは夜。

手持ちのカメラがショボいので、こんな写真しかないですが、本物は凄いです。

この広い岬の草原一帯を530.000カンデラの強烈な閃光が15秒ごとに巡ってきます。
灯台の上から放たれる光束が躍る姿は、一度見たらもう目に焼き付いて離れない。

晴れた夜、星空との共演が見られる幸運に恵まれたなら、それはもう感激の一言。

自転車でも、ライト満載で出かければ、基本的に全く交通量のない場所なので、快適なナイトライドも楽しめる。

男鹿半島の隠れた夜景スポットの一つです。

— ads by amazon —

今日のライド, 男鹿半島

入道崎から八望台へ

今週も午前中は自宅作業(屋根のペンキ塗り)に費やし、午後スタートの男鹿半島ライド。
あんまり遠出はできない。

今日は旧道(101号を直進)を進んで入道崎へ。
そこから八望台へ抜けるルート。

入道崎

入道崎はやや風強め。
ここでの一番のオススメは実は灯台。

ここ、登れます。

確か300円かそのぐらいでしたが、ここから一望する入道崎ってなかなか想像できない景色で、300円以上の価値は十分にあります。

入道崎から八望台

ここは、170mほどの標高差を8kmで登るややクライム。
ときどき10%の坂とかあるけど、平均すれば2~3%なんで景色見ながら気持ち良く登れるコース。

午後からは基本逆光になるので、斜陽の光が海面に広がって味わい深い光景が広がる。
逆だと下り基調で一気に通り過ぎちゃうので、登りながらゆっくり眺めるのがオススメ。

八望台

八望台は展望台の補修も終わっていつもの光景に戻ってます。

が、相変わらず一ノ目潟は林に阻まれて見えず、眺望が唯一の売りの場所なので、ここは何とかならんものかなぁ…と常々思う。

実際は、国定公園法等々の制約があって簡単にはいかないのは十分承知してるものの、眺望が評価されて国定公園に指定されたのに、今はその国定公園の定めによって眺望の維持が難しくなっているという矛盾した状況。

もちろん、かつては柴山であったとか、牧草地だったとか、そこにその産業があることで自然に手入れされてた場所だった時代とは違うので、どうすれば維持できるか…って話も単純じゃない。

手段がないわけじゃないけど、関係する民間、行政ほか、男鹿半島に住み、そこで暮らしてる人間が、将来どのような形にしたいかを、ここらでみんなで話し合っていい時期だと思う。

観光、眺望最優先でなくてもいいけど、じゃぁどうするのか…って話も含めて議論を深めないと、現状のまま放置するのはマズイ。

仮にも観光地なのに、そのうち、どこもかしこも原野だけになってしまう。

上手い策があるなら、景色が良い方がいい…ってのに異論のある人は少ないでしょうし。

サイクルイベント, 男鹿半島, 雑記

2018年のGREAT EARTH 男鹿は5/20

公式Facebookでも告知でてたので、こちらでも宣伝を。

来年のGREATEARTH男鹿半島なまはげライドは2018/5/20(SUN)となります。

今年はコース、フォーマットの大幅ブラッシュアップも予定されてるようですので、今まで以上のスケールで男鹿半島を楽しめることは間違いなさそうです。

2017年のPR動画がこちら。

みなさま、ぜひ今から予定を確保しておいて、ご参加宜しくお願いいたします。
一般参加するもよし、裏方としてイベントを支えるも良し…です。

自分は今年同様、何かしらのお手伝いをしてるかと思います。

ライドコースとしての男鹿半島は最高ですよ!