カテゴリー
今日のライド 男鹿半島

今日は船川の港から町をぐるぐると

今日は、昨日以上の絶好のライド日和でしたが、なんということかお昼の1時に町内会の総会という…

まぁ、それはしょうが無いので終わってから船川の街をぐるぐるしてきました。
40分ほどの、昨日の回復ライドみたいな感じで。

最近、秋田で話題のうどん/そばの自動販売機、男鹿にもあります。
船川港の男鹿水産の前にあるので、ちょっと言ってみたら残念ながら売り切れ~
七味は吊すのが決まりですかね…

2015-03-08 14.43.43

ジーンズとかのまま来ちゃったので、そのまま遠出するわけにもいかないのでその後ぶらぶらと。

2015-03-08 15.01.11

金川の裏手の方に入っていったら、まだ路面に雪が。
MTBでしたが、スリックタイヤのままだったので、ここは担いでクリア。
なんちゃってシクロ。
にしてもキャリア装着のマウンテンは重い!

そろそろ朝方の天気見ながら早朝ライドをスタートするか、今年は仕事の様子みながら夕刻ライドを定着させるか。
いずれにしても、去年よりペースあげてこーと思ってます。

カテゴリー
今日のライド 男鹿半島

今週は海岸線ライドでした

先日、寒風山に登って自転車シーズンをスタートさせましたが、今週は男鹿半島の海沿いを走って参りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山へ、海へ、ホントに男鹿半島のサイクルライフは多彩に過ごせます。

コースは、こんな感じです。

午後に入ってからのスタートでしたので、あまり遠くまではいけず。
せめて加茂青砂ぐらいを想定してましたが、途中でぐっと気温が下がったので、大桟橋のあたりで引き返すことにしました。

実際、脚もそのへんでだいぶヘタってましたので、今年最初の男鹿半島南磯のフラット&アップダウンライドとしてはよしとすることにします。

鵜ノ崎海岸

実は鵜ノ崎は、この時期見頃です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本海は干満の差が小さく、潮が引いてもあまり海底の岩が露出しないんですが、春先2~3月は別。
季節による潮位の変動で、この時期の干潮時は、大きく潮が引いて、褶曲した岩が沖合まで露出します。
ほんとなら長靴でも履かないと歩いて行けないトコロまで、スニーカーで行けるんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この景色が見れるのは「今だけ!」です。

門前でティータイム

門前まで到着しましたら、防波堤の先の方に行きましてティータイムです。

2015-03-07 13.26.43

SNOWPEAKのミニストーブ、今シーズン初出動です。
今日は昼間は気温もけっこう上がってたみたいで、あっという間にお湯が沸きました!
持って来たティーバッグと、チョコクッキーで、まったりお茶。

2015-03-07 13.30.39

ちなみに直ぐ近くのテトラポッドには、ウミネコの大群が。
クッキー目当てで襲われやしないかと思ってみたり。
このアングルで門前を見ることはそんなにはないので、なかなか貴重な風景です。

見通しよいアップダウン

門前から先のアップダウンは相変わらずのハードさで迎えてくれます。
特に、今季最初のアップダウンなので、脚がぜんぜん回りませんし、疲労の蓄積が早い早い…
大桟橋あたりで時間も3時近く。
気温も下がってきたので、無理せず引き返すコトにいたしました。
寒くなると、気持ちも、パフォーマンスも一気に減退するのは今年も変わりそうも無く~

この時期は、雑草が生い茂っていないために、夏場は隠れて見づらくなる断崖絶壁の下の名岩、奇岩がよーく見渡せます。
これも、「この時期だけ!」しか見られない風景。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年は5/10にGREAT EARTH 男鹿半島ライドがあるので、早めに脚も体も仕上げないといけないですが、おかげさまで雪が消えるのが早く、今からペースを上げていけばなんとか5月には走れる体ができそうです。

走れない体じゃ楽しめないですから、頑張りたいと思います。

カテゴリー
今日のライド 男鹿半島 雑記

寒風山 山頂までは もう少し

先日の寒風山行。

2015-02-21 13.19.52

妻恋峠よりは上は、まだ除雪されておりません。
というわけで、自転車で登っていくのはまだ無理で、山頂到達はホント春までおあずけですね。

とはいえ、4駆のクルマで向かったり、徒歩で歩いて行って楽しんでるヒトは何名かいらっしゃいました。

この日は写真撮りの方々も多く、他にもパラグライダーで飛び出すヒト、あとチラッとしか見えませんでしたが、ラジコン・グライダーらしくものを飛ばしてた人達もいました。

みんな春の寒風山を楽しみにしてる様子。

今冬、実現できなかった雪遊び

ほんとは、今年の冬は、「寒風山で雪遊び」をテーマにスノーシューや、XCスキーなんかのアクティビティを開発しようと張り切ってたんですが、取りかかりが少し遅かった(スノーシュー買ったのは年明け)ことや、年明けに少々体調を崩したこと、秋田県沿岸がまれに見る小雪だったこと。

どーも運のめぐりが悪くて、ほとんど実行できなかったのが残念。

詳しいヒトの話によれば、中腹には意外と雪があって、慣れてる人にとっては、そこそこ遊べるコンディションではあったらしいです。
素人目には、自宅近くから見上げた時点で、うーん、この雪じゃ無理…に見えても、雪のある場所はあるんだとか。

やはり来冬は、早いうちに詳しいヒトの手を借りないとダメですね。

素人の独りよがりになってしまったコトを反省しつつ、来冬への準備を地味にしてこうかと思います。

とはいえ、もうひと吹雪ぐらいはありそうですので、チャンスがあれば一回ぐらい試しておきたいとこです。