今日のライド, 男鹿半島, 雑記

業務連絡:運動しました

今日はチャレンジデーだそうです。

何かどっかの自治体と、今日一日で15分以上運動した人の割合を競うのだとか。

知り合いの役所の方から連絡があったので、晴れたら間違いなく自転車で朝走ってるのでカウントしていいですよーというコトに。

で行ってきました。
男鹿市総合運動公園まで30分ほどの朝ライド。
まだ路面濡れてましたので、体が温まる程度に乗って、あとはストレッチして終了。

今更言うまでもなく、年に一日、15分だけ運動するコトに意義はほとんど無いです。
況や数やパーセンテージ競うコトはほぼ無意味と言っていい。

せめてアンケートを取って、日常の運動に関しての統計をまとめるぐらいしてもいいとは思う。
日常的に運動してるのか、頻度は、どんな運動してるのか、強度は、などなど。

突然やる運動は体に悪いんだから、そーゆー啓蒙にも役立つような資料まとめて配布するぐらいはしていい。

1日30分以上、月に20日以上運動してる人を表彰するぐらいしてもいいんじゃないかな。
賞状とかは別に要らないから、プロテインやエネルギーゼリーあたりを配ってくれればやる気になる人いると思うし。

他所と一緒のコトしてても、他所と同じ問題課題からは逃れられませんて。
年の割には健康な人の割合増やさないと、健康保険破綻しますや。

— ads by amazon —

今日のライド, 男鹿半島

グレートアース終わったらサシドリが本気だしてきました

グレートアースも終わった。
畑も耕した。
畝立てて、苗植えて、種も蒔いた。

さぁ、自由な朝の時間が返ってきたので、朝ライド再開です。
朝の寒風山。
気持ちイイですよー

1h20mのショートトリップ

朝の時間を最高にするのは簡単。
自転車に乗って寒風山に行けばいい。

この景色を超える絶景は全国にたくさんあるけど、これが自宅から1時間ちょいで味わえる距離にあるってのは、ものすごいことです。

サシドリの本気

さて、もう山菜シーズンもワラビの時期を迎えて盛り上がってます。

サシドリは大きく育っちゃったので、もう食べられません。

いつも写真とってるこの場所も、もうサシドリが育ちすぎて、いつも立てかけてるポールがもう隠れちゃってます。

どーしようかなーと、ふとバイクを立てかけてみら…ふんわいホールドしてくれました。

ほぼサシドリスタンド。

これから梅雨に入るまでの1ヵ月ぐらいは、最高に気持ちイイ日々が続きます。
朝の最高な寒風山…なるべく通いたい。

今日のライド, 男鹿半島, 自転車機材

ヤマザクラと古いバイクの魅力

もうそろそろ今年のヤマザクラも終わりです。
今年はほんとによく咲いてくれました。

5月の上旬に、山を柔らかく彩ってくれるヤマザクラは本当に好きな花ですし、これが寒風山という身近な山で、いっぱいに見られるのもすごく好きです。

自転車で登って、ヤマザクラを眺めて悦にいる…なんて最高の楽しみです。

ソメイヨシノよりヤマザクラ

日本で、人を集められ花の一番手は、やっぱりサクラだそうです。
(他にバラ、アジサイなどがあるとか)

特に、一斉に、一色に染め上げるソメイヨシノの力は強力みたいです。
魅力というより、魔力みたいなレベル。

自分も嫌いではないんですが、どちらかといえば、バラバラに、それぞれ違う色の花を咲かせるヤマザクラのような、多彩で、多様な魅力を持った花のほうが好きだったりします。

自転車も多様だから面白い

このあたりの自分の価値観、自転車趣味でも一緒です。

ロードバイクがブームになったおかげで、自転車人口は爆発的に増えたものの、やたらとマッチョでレーシーで黒っぽいスポーツモデルばかりが注目を浴びてるのが現状。

別に、ストレートパイプ組みでも、ゆるふわでも、黒じゃなくても、素敵なフレームはいっぱいあるんですけどね。

自分が今乗ってるのも14年落ちのLEMOND。
なんでもないアルミフレームも、自分程度の脚力にはちょうどいい。
競技にも出ないし、ブルべもしないし、自分の楽しみたいように楽しむには、本当にちょうどよい機材だと思うし、手放す気は全くない。

古い機材を長く使う楽しみ

自分の自転車仲間に、もう60歳を超えてるんですが、ガンガン乗ってて各地のヒルクライム大会で入賞する強者さんがおりまして。
その方が乗ってるのが、ランスがUSポスタル時代に乗ってた頃の古いTREKのカーボンフレーム。
今の振動吸収性がどーとかいってるカーボンと違って、もうガチガチの超硬カーボンで、もろ競技向け。

当時に購入してから、ずーっと大事に乗ってきたみたいで状態もいいですし、いつまで見てても飽きないレベル。
何より、その機材の話をするときの、その方の楽しそうな表情がすごく素敵でしかたない。

人生をともに生きてきた親友なんでしょうね。

ハイスペックな機材はお金を出せば買えますし、古いビンテージフレームも中古市場をまめにチェックしてれば入手可能です。

ただ、ともに過ごしてきた時間と記憶は、いくらお金を出しても買えませんし、機材を大事にすることのご褒美っていうのはそのへんにあると思ってる。

自分も、クロモリリジッドが24年、LEMONDのアルミロードが14年と、手放さずに大事に手入れしながら乗ってきてるので、そのあたりはちょっとだけ分かる。

古い自転車でも、自分が手を入れるコトで稼働させ続けるコトができる…一緒に楽しんできた時間をいくらでも積み重ねていける…っていう、そのへんの充足感は、次々と機材を買い換えてる方々にはあんまり感じられないコトだと思う。

そーゆー、親友であったり、戦友であったり、伴侶であったりする機材っていうのは、何物にも代えがたい。
これからも大事にしてきます。

— ads by amazon —