メンテナンス, 自転車機材

自転車乗りなら、マルチツールぐらいは持ってたほうがいい

田舎の自転車乗りにとっては、出先で何かあっても自力で帰ってこれるための準備をしっかりしとくのは大事なコト。
特に男鹿半島のような、まわりの援助が受けずらい場所ならなおさら。

もちろん、フレーム破断とか、ディレイラー脱落とか、そんなヘビーな事になったらどうしようもないですが、工具一つあればリカバリーできるようなトラブルも少なくない。

また、サドルの高さ調整なんていうのも、出先で乗りながら調整した方が圧倒的にいいし、工具を携帯するのは必要なコト。

自分も、いわゆるマルチツールをツール缶に入れて今までコト無きを得てましたが、昨日、ライド仲間に工具を貸してと頼まれて、ほいよっと渡したんですが、まさかのサイズ不適合。

ボルトのサイズが3mmだったようで、自分が携帯してたマルチツールでは対応できませんでした。

他の人が持ってたマルチツールは対応できたのでコト無きを得ましたが…なんとも、まさかな出来事。

自分の自転車のボルトは4mm/5mmで、3mmは一つも無く。
なので、携帯用には、このツールで十分だっていう思い込みがあったんですね。

他の人の自転車にも対応できるようにって、トルクスレンチも一本持ってたのにヘックスレンチが不足するというのは想定外。

というわけで、やや重いので普段使いの自転車に載せてたTOPEAKのマルチツールをロードバイクの方に乗せ換え。

トルクスがT25なので、T30のトルクスは一本余計に携行するのは今までと変わらず…タイヤレバーも一体になってますが、さすがにこの形状だと使いずらそうなので、レバーも別途ですね。

こっちだとチェーンカッターも付いてるし、遠出用に使うにはこっちのがいいですね。
コマとピンも入れとかないと役に立たないのでそうしましょう。

ピン折りやワイヤー処理用の極小サイズのラジペンとかあればいいんですが、だんだん重くなりそうなので、ほどほどにしときます。

— ads by amazon —

メンテナンス, 自転車機材

前後に長いアリオネで着座ポジション調整

少し前からMTBのポジション合わせの一環として、サドルの位置をやや後ろに下げたいなと考えてまして。

もともと自分の体格に対して下限ぎりぎりのフレームサイズだったのは分かってたので、ステムを長くしたりして対応してましたが、あと少しサドルを引ければジャストなんじゃないかと。

というわけでシートポストのオフセット値の大きなのを物色してたりしてたんですが、カタログスペックだけだと、どの程度サドルが後ろに引けるのかが分からず躊躇したとてたとこ。

そんな時に、MTBにフィジークのアリオネ(長細い特徴的なサドル)を使ってるって書き込みを偶然見かけまして…

着座位置の自由度が拡大

あぁ、そーいえば、古いアリオネなら、持ってるっけ…とパーツ箱の中をひっくり返して発掘…さっそく交換してみます。

今までより、サドルレールの位置も若干後ろに下がり、なによりアリオネは前後に長くて、左右に広がる部分の形状も、今までのサドルより後ろよりのおかげで、だいぶ余裕のあるポジションに。

今まで、何となく窮屈に感じてたポジションが、ようやくしっくり来た感じ。

さらに、前後に長いおかげで、路面状況や勾配によって、ポジションを前後に微調整しやすくなりましたし、ずいぶん昔に買ったサドルの再利用とはしては、なかなかの効果。

家の向かいの公園でちょっと試した限りではなかなか良好。

とはいえ、まだ、実際のグラベル走ったわけじゃないので、どの程度の効果があるのかをチェックするのは楽しみなとこ。

来週平日に時間作って、少しグラベル回ってきましょうか♪

— ads by amazon —

メンテナンス

MTBのシートポスト鳴り

先日の林道ライド中に、ちょっと気になる音がしまして。

重心を移動させたり、ダンシングした後とかに不定期に音がする。

それもけっこう大きめの。

不定期なので駆動系、回転計ではなく。

止まって見渡しても、外れかかってる部品とかもなく。

軽く持ち上げて落としてみても異音はせず。

なんだ~と悩むことしばし。

しばらく乗ってると、サドルに力がかかったタイミングで音がしてるコトを発見。

ん?
サドル破損か?

などと一瞬疑いましたが、どうやらクイックで締めてる部分に砂が噛みこんだ模様。

あ~そいえば、林道の途中でサドル高さ調整したっけ…

一度シートポストを引き抜いて、綺麗に拭いて、シートチューブの内側も軽く吹く。

綺麗な状態でもう一度シートポストを差し込んでクイックで締めたところ…無事、異音が消えました~お騒がせ。

MTBの場合は、ライドの途中での異物噛みこみはよくあるコトなので、このへん経験値積んでいって、すばやく問題切り分けと対処できるようにならないとですね。

また、一個成長しました!