田舎サイクリストの幸備録

男鹿半島の20km林道コース

--- ads by google ---

今年の夏に、うちの近所で工事をしているのを見つけた林道。

工事期間が今年いっぱいという話だったので、どうなったか確認するためにMTBで出かけてきました。
行ってみると、工事中を示す看板も撤去されておりまして、どうやら無事に林道がつながった模様。
さっそく、MTBで林道ライドをスタート。

途中までは、ずっと前からあった林道(船川へつながってる模様)。
工事事務所があったところまで来ると、そこから先もきちんと道になってました。
いきなり11%の標識とかありますが、山道なんてそんなモノです。
いざ、初ライドへ!

主に砂利、敷き詰めたばっかりのとこが多いのでけっこう柔らかめ。
で、急坂区間はコンクリ舗装。
今の時期はところどころ雪が薄く残ってるので、路面変化が多くてなかなか楽しい。
途中、水場が無いので、ぬかるみ路面もなくそんなに泥だらけにもなりません。

で、道の両脇の木も切られてるので、広々とした感じの場所が多くて、夏でも鬱蒼とした感じは無いかも。
場所によっては本山、真山がくっきり見える場所もあって、眺め的には接続先の増川林道よりもいいかも。

6kmほどの林道ライドで、増川林道の接続に到着。
無事に林道がつながったのを確認できました。

これで自宅近くの馬所目から増川~滝川~真山神社~オートキャンプ場までの、おおよそ20kmの林道が一本につながりまして、林道ライダーにとっては絶好のルート完成です。
自分としても、増川まで舗装路を走ることなく林道に入れるので、ものすごくあり難い。

今度、自転車仲間も誘って船川スタート&ゴールで40kmの林道ライド楽しみたいですね。
雪が深くなるとMTBでもきつくなるので、楽しむなら今のうちだな~


--- ads by google ---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です